30代

産後・授乳後のバストの下垂れにお悩みの女性は必見!以前のバストを取り戻すためのバストケアや心掛けたい生活習慣アドバイスを紹介しています。

なぜ?30代女性がバストアップできない原因

バスト、顔、お尻など、体のあらゆる部位の老化が目立ちはじまる30代。年齢とともに重力に逆らえきれなくなり、たるみが出てくる時期でもあります。

この時期、なんと言っても阻止したいのがバストの下垂れです。それに、30代となると出産を経験される女性も増え始め、出産・授乳を経た後の胸の変化に愕然とされる方も少なくありません。バストが大きい人ほど見た目にも垂れているのが分かりますし、小さい人でも垂れて左右に広がり、だらしなく見えてしまいます。

30代に入ると胸は垂れるものだと意識して、早めのうちに対策をしておくことが大切です。

30代のバストアップ!ここが肝心!

  1. 大胸筋を鍛える!
    バストが垂れてしまうのは、バストを支える大胸筋が硬くなってしまったり、加齢にともなう皮膚のたるみ、そして、バストを支えるクーパー靭帯が傷ついてしまうことなどが原因です。
    バストを支える筋力をつけるためにも、バストアップ運動を取り入れましょう。
    バストアップ運動は、エクササイズ、ヨガ、ストレッチなどさまざまなやり方があります。毎日同じものである必要はないので、その日の気分によって組み合わせて変えてもOK。日々の生活に上手に取り入れてくださいね。
  2. 正しい姿勢を常に意識する
    猫背になって肩が内側に向いてしまうと、胸の血流が悪くなります。血流が悪くなると胸に必要な栄養素が十分に行き届かなくなるうえ、老廃物が排出できずそのまま胸に溜まってしまいます。
    その結果、胸が冷えてハリが失わることに…。上向きバストを維持するためには、まず猫背を改めましょう。
  3. 産後・授乳後のバストケア
    出産後、毎日お昼も夜も授乳を続けて身をけずったのに、卒乳後の胸はしぼんでがっかり…。と、気落ちしたママも多いことでしょう。元の大きさやハリを取り戻すには、胸の血流を促進させることが大切です。
    胸は、血液の循環によって「栄養が行き届いたいい胸」と「冷えて固まったよくない胸」とに分かれます。
    毎日、バストマッサージを取り入れて、バストに栄養をしっかり流してあげましょう。この時、バストに良い成分が入ったバストアップクリームやジェルを使ってあげるとより効果的です。

バストアップに成功した女性の口コミ【30代編】

口コミDカップの胸が唯一の自慢だったのに、出産と授乳が終わった後の胸はまるで別もの!垂れて左右に広がって悲惨な状態でした。そんな時、友達に勧められたのがバストアップサプリです。飲み始めたらすぐにハリが実感できて、2ヶ月ほど飲み続けたら大きさも元のサイズに戻りました!これからも、サプリのほかにマッサージも日課に取り入れて自慢の胸をキープできたらと思っています。

口コミ30代を過ぎても彼がいない私。少しでも自分を変えたいと思って、バストアップサプリを飲み始めました。自分ではあまり分からなかったのですが、友達に「色っぽくなった」と言われたり、男友達に「雰囲気が変わった」と言われることが多くなりました♪バストも前より艶とハリが出て、少しずつですが自分に自信が持てるようになりました!

口コミ年齢とともにバストが下がってきたな…と、気になり始め、お風呂で毎日マッサージをするようにしたらバストの張りが戻ってきました!湯船に浸かりながら、「寄せて上げて」を繰り返しているだけですが、こんなに効果があるとはびっくり。バストアップクリームを使えばさらに、効果が期待できそうです!

この記事の関連のページ

まるわかり!バストアップサプリスペック一覧表
バストアップ期待値ばつぐんおすすめサプリBEST3

No.1ベルタプエラリア

総合評価ハート5つ
1日あたりのプエラリア含有量:400mg
価格:1日あたり66円

詳細はこちら

No.2
レディース
プエラリア99%

総合評価ハート4つ
1日あたりのプエラリア含有量:330mg
価格:1日あたり293円

詳細はこちら

No.3エンジェルアップ

総合評価ハート3.5つ
1日あたりのプエラリア含有量:225mg
価格:1日あたり199円

詳細はこちら

pagetop