注意点

サプリメントって毎日飲むものだし、体内に直接入ることを考えると安全面はやっぱり気になりますよね。バストアップアプリの場合は副作用などが取り上げられていることもあって「大丈夫なのかな?」と心配にもなります。

なかには、大げさな記事を書いてバストアップ教材を売りつける商法もありますが、実際、過剰摂取による体調不良を訴える人もいるので、基本的なルールは守るべきだと言えます。

危険!バストアップサプリを控えた方が良い人

  • 生理中
    生理中はエストロゲンの分泌量が少なくデリケートな時期。この時期にバストアップサプリを飲むと女性ホルモンの分泌異常が起こる可能性があり、多くのバストアップサプリでは服用を控えるよう促したり注意書きを添えたりしています。
    生理中でも飲めるものもありますが、女性ホルモンの分泌には少なからず影響を与えているので、サプリを飲む場合は自分の体調の変化も気付いてあげましょう。
  • 妊娠中・授乳中
    ホルモンバランスが通常とは異なります。バストアップサプリは女性ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、この時期は避けるのが無難です。
  • 10代~20代
    女性ホルモンの分泌が多いため、推奨摂取量よりも控えめの量からはじめましょう。
  • 乳がん、子宮がん、卵巣がん、甲状腺異常、そのほか生殖器に疾患がある
    病気を患っているときの摂取は避けましょう。

摂取量を守って飲みましょう!

バストアップサプリは効果を実感する人が多いですが、まれに副作用の症状が表れる人もいます。症状は、倦怠感や生理不順、不正出血など。

もともとホルモンバランスが崩れていた場合に過剰摂取してしまうとホルモンバランスが乱れて副作用が起こることがあります。

  • 初めての方は飲み分けができるサプリを
    はじめてバストアップサプリを飲む人や、別商品に乗り換えた場合などは、最初は少なめの量からはじめて体の様子を見ながら徐々に飲む量を調整しましょう。
  • プエラリア含有量は1日当たり400mg以内に抑えよう
    商品に書かれている推奨摂取量を守らず過剰摂取してしまうと、エストロゲン過多になり。生理時期と同じような症状が出てしまうこともあります。
    なかでもプエラリアはバストアップには効果てきめんとういうだけあって、摂り過ぎは禁物!1日400mgを上限に摂取することが大切だというエビデンスもあります。
    推奨摂取量が400mgを超えている商品もありますが、副作用が出る危険があるので注意してくださいね。
  • 黄体期を避けて飲もう
    さらに、黄体期(排卵後~月経直前)はプロゲステロンが活発になる時期。なのでこの時期にエストロゲンを多量摂取すると、頭痛や吐き気が起こることがあります。何の影響も出ない人も多いのですが、念のためプエラリアの摂取量を控えておくと安心です。

この記事の関連のページ

まるわかり!バストアップサプリスペック一覧表
バストアップ期待値ばつぐんおすすめサプリBEST3

No.1ベルタプエラリア

総合評価ハート5つ
1日あたりのプエラリア含有量:400mg
価格:1日あたり66円

詳細はこちら

No.2
レディース
プエラリア99%

総合評価ハート4つ
1日あたりのプエラリア含有量:330mg
価格:1日あたり293円

詳細はこちら

No.3エンジェルアップ

総合評価ハート3.5つ
1日あたりのプエラリア含有量:225mg
価格:1日あたり199円

詳細はこちら

pagetop